Staff Blog

スタッフブログ

プリマのこだわり~高い耐久性が、入居者の安全と賃貸経営安定の鍵を握る

四季があり自然に恵まれた美しい国、日本。しかし一方で、台風や地震など、自然災害が発生しやすいというリスクを抱えています。つまり日本の建築物において、建築物の耐久性は必要不可欠な要素なのです。
安心・安全なアパートを提供するプリマでは、耐久性にももちろんこだわっています。

プリマのアパートは、すべて2×4(ツーバイフォー)工法です。
日本で主流となっているのは軸組工法です。昔ながらの日本家屋をイメージするとわかりやすいと思いますが、柱や梁で建物を支えています。

一方、2×4工法は北米で生まれた工法で、断面サイズが2×4インチの構造用合板を使ったパネルによるものです。柱で支えるのではなく、壁・床・天井の6面体で建物を支えています。そのため、地震による揺れや台風などによる風といった、建物にかかる力を分散することができ、自然災害に強い構造となっています。

2×4と軸組比較図

 

 

今も残る歴史的建築物が物語る2×4の耐久性

2×4工法が地震や台風に強いということは、東日本大震災、近年の迷走台風による水害など、さまざまな自然災害の際にも、実証されています。
また、その耐久性を物語る歴史的建築物も残されています。

たとえば、神奈川県の大磯町にある日本最古の2×4住宅といわれている「旧木下家別邸」。大正時代に建てられたもので、関東大震災にも耐えた建築物として重要視されています。

安全を確保する耐久性の高い住まいは、入居者様に安心感を与え、長く住みたいと思うファクターとなります。建物の耐久性は、安定的な賃貸経営には欠かせないのです。

プリマアパートの外観

 

 

今回は、耐久性に関するこだわりをご紹介しました。

今後も、さまざまなこだわりをご紹介したいと思いますので、このブログやホームページをチェックしてくださいね!

実際にプリマのこだわりを自分の目で確かめたい! という方は、モデルルーム見学も随時行っています(要予約)。ぜひお気軽に、プリマ倶楽部までお問い合わせください。

モデルルームのご案内はこちらから