About PRIMA

プリマについて

Profitabirity モデル収支

的確な収支計画でアパート経営の成功へと導きます。

土地活用・資産運用など、それぞれのケースに応じた的確な収支計画をプレゼンテーションしているPRIMA。アパート経営成功の要である収支計画において、プリマは現実的なモデル収支をご提案しています。

プリマアパート建築モデル収支計画の参考事例

事例1)神奈川県横須賀市
事業年数25年/法定償却年数22年

【所有地にアパートを建築した場合】
■想定敷地面積:165m2(49.91坪)
  • 建ぺい率:60%
  • 建物面積:198m2(59.9坪)
  • 建物概要: 2階建て<2×4ロフト付個室×8戸>45分準耐火構造
  • 賃料設定:1階部分(4戸)65,000円/月 2階部分(4戸)68,000円/月

※管理費:各戸 3000円/月
※本収支賃料は神奈川県横須賀市での事業例としてご紹介しております。

■建築予算

本体工事費用 47,520,000円(税込)
別途工事/諸経費(概算)12,480,000円(税込)
合計 60,000,000円

※消費税8%を含む。
※東京都においては、本体工事費用 600万円/戸 (税別) ~ となります。
※建築戸数や面積によっても本体工事価格は変動いたします。
※地域・条件によって、付帯工事費などの価格は変動いたします。

■資金調達計画

自己資金 0円
銀行借入 60,000,000円
※借入期間25年(金利1.8%)
合計 60,000,000円

■上記条件に基づく収支計画
月間収入
556,000円
月間支出(借入返済)
248,000円
収支差額
308,000円

建物(本体工事) 表面利回り 12.13%
収益総額(30年) 73,490,000円

※収益総額とは・・・
家賃収入(敷金・礼金・更新料は収入に含まず)
から以下の事業費用を差し引いたもので、企業でいうところの経常利益となります。

  • 銀行返済
  • 税金(土地・建物の固定資産税・都市計画税)
  • 管理費(家賃収入の5%)
  • 共用部電気代,清掃代
  • 長期修繕積立金

「PRIMA」経営における成功ポイント

  • 全室ロフト付きの間取り

    プリマは天井高を3.6mにすることで、2階のみならず1階住居にもロフトを設置し、限られた土地面積でも敷地を最大限に活用しています。高い天井やロフトのある間取りは、一般的にアパートでは人気が低いとされる1階の部屋も含めたアパート全体の高い入居率に貢献しています。

  • ロフトの最大限の活用

    プリマのロフトは同じ専有面積のアパートに比べると1.5倍のスペース。建築基準法で許されている目一杯の空間を有効活用し、寝室や大規模収納に使えるスペースを確保しています。ロフトは建築基準法の容積率に算入されないだけでなく、固定資産税の対象となる床面積からも免除されるなど、オーナー様に+αのゆとりある賃貸経営を実現しています。

  • 高い入居率と収益性の持続

    プリマの伝統的なデザインは年月を経ても魅力を失いません。量から質の時代に変わりつつある賃貸住宅市場において、入居者が住むことに喜びと満足を感じるプリマは、長期間にわたり高い入居率を維持します。また、優れたデザインと機能により近隣相場より高い家賃設定で属性の良い入居者の募集を可能にします。

  • メンテナンスを配慮した仕様

    外観のブリックは、年月を経て味わいを増すため、短期サイクルでのリフォームや建て替えは不要。また、内装においても、腰壁や耐久性の高いHDFフローリングを採用し、デザイン性とメンテナンス性を両立させた部材を使用し、全照明にLEDを採用するなど、ランニングコストにも配慮した仕様です。

「PRIMA」の賃貸経営、土地活用をご検討されたい方、
プリマについてもっと詳しく知りたい方

下記よりフォームまたはお電話でお気軽にお問い合わせください。
また、プリマ倶楽部では、モデルルーム見学も随時実施しております。
ぜひご自身の目でプリマの魅力をご確認ください。
→モデルルーム見学会情報はこちら

カタログ請求・モデルルーム見学・
その他プリマに関するお問い合わせ

オンラインフォーム
お電話でのお問い合わせ先 株式会社プリマ倶楽部
TEL:045-680-0123