Staff Blog

スタッフブログ

オーナーにもメリットの大きい ロフト付きの間取り~プリマの魅力

1LDKのように使えてワンルーム感覚の家賃が入居の決め手

プリマアパートの特徴であり、人気のポイントでもあるロフト。天井高を3.6mにすることでロフト自体も1.4mの天井高があるため、1LDKと同様の住み心地を実現しています。ゆとりある間取りであるにもかかわらず、手ごろな家賃で住むことができるのも、人気の秘密です。

primaアパートの室内

快適な居住空間を求めるなら、少しでも広い部屋に住みたいもの。とくに女性は、インテリアやファッションにこだわったり、趣味を楽しんだりするために、収納スペースやプライベートな空間がほしいという方が多いのです。ところが家賃がネックになって、仕方なくワンルームに住んでいるというケースも少なくありません。

こういった女性のニーズにマッチした住まいを提供しているのが、プリマのアパートです。1LDKと同じように使うことができるオリジナリティの高い間取りなのに、家賃はワンルームより1割高い程度。これは入居を決める大きなメリットです。

 

オリジナル性の高い間取りの標準規格化で建築コストを抑える

テレワークが増えているため、ロフト付きのアパートは増加の傾向にあります。しかし、プリマのようにロフトに収納スペースがあり、窓があるなど、居住空間としても有効に利用できる間取りのアパートはほとんどありません。それは居住空間として活用できるロフトのノウハウがないため、建築費が割高になり収益性が低くなってしまうからです。

プリマのアパートは長年、ロフト付きの間取りをご提案してきました。限られた空間を、いかに有効に活用するか、快適な居住空間にするか。デザインや間取りはもちろん、無垢材のフローリングなどの自然素材、キッチン、バスルームの設備にいたるまで、セレクトしてきた結果です。そしてすべてを標準規格にすることで、プリマならではの価格でご提供することを可能にしています。

プリマのアパートは1階、2階にかかわらず広さも間取りも同じです。使用する建材も1棟の構造も共通ですので、1棟あたりのコストを抑えることができます。
さらにロフトというプラスαのゆとり空間があることで、ワンルームの部屋より高めの家賃設定でも選ばれる、高い収益性を実現しているのです。

1LDKと同じように使える快適な空間に、1LDKより安い家賃で住むことができる。その満足感が若い女性から圧倒的な支持を得て、テナントリテンション【入居者の保持】にも優れているのです。さらに高い収益性を実現しているプリマのアパート。入居者様にもオーナー様にも納得いただけるポイントは、オリジナル性の高い間取りです。
アパート建築、賃貸経営をお考えの方は、ぜひご自身の目でお確かめください!

プリマアパートメントに関するお問い合わせ・見学お申し込み

お問い合わせフォーム
TEL:045-680-0123 株式会社GIFT プリマ倶楽部事業部