Staff Blog

スタッフブログ

メリットが大きい屋内の共有スペース~プリマの魅力

メンテナンスがしやすく清潔感を保てる内階段と廊下

日本のアパートは、ほとんどが鉄骨の外階段があり、廊下をわたって各部屋に入るという構造です。日本アパートの象徴とも言える外階段・外廊下ですが、プリマのアパートにはありません。ヨーロッパのアパートメントのデザインを採用しているからです。

屋外にある共用スペースは、風雨や陽射しを直に受けるために、汚れやすく傷みも早いというデメリットがあります。
プリマのアパートは階段、廊下を建物の内部に、共用玄関はエントランススペースの奥に配置したので、外部からの影響を最小限に抑えることが可能です。また清掃がしやすいので、清潔感のある空間を保つことができます。
共有スペースが屋内にあることで、メンテナンスの手間やコストにも大きな違いが出てくるのです。

共有エントランスでプライバシー保護とセキュリティーにも配慮

建物の内部に配置されている共有スペースは、メンテナンス以外にもメリットがあります。

エントランススペースは奥行きがあるので、雨の日に玄関で傘を畳んでも濡れることはほとんどありません。玄関を閉めれば、外からは廊下も階段も見えないのでプライバシーが保たれます。
また共有玄関はオートロックですから、入居者がロックを解除しない限り建物の中に入ることはできません。外部から侵入を防ぐ、高い安全性を確保しているのです。

建物の内部に共有スペースを配したことでメンテナンス性が高く、外から見えないため防犯と安全性にも優れているプリマのアパート。外観の美しさだけでなく内部の清潔感、プライバシーとセキュリティーへの配慮が、若い女性から圧倒的な支持を得て、高いテナントリテンション【入居者の保持】を実現しているのです。
アパート建築、賃貸経営をお考えの方は、ぜひご自身の目でお確かめください!

プリマアパートメントに関するお問い合わせ・見学お申し込み

お問い合わせフォーム
TEL:045-680-0123 株式会社GIFT プリマ倶楽部事業部