Staff Blog

スタッフブログ

子や孫に相続させたい、継承者に喜ばれるアパート

木造建築のアパートは減価償却が短い

土地を相続したなどの理由で、税金対策のためにアパートを建てたいという方は少なくありません。
その場合、大手ハウスメーカーでは、軽量鉄骨やRCの建築物を提案するケースが多く見られます。減価償却期間が47年と長いので、その分、節税できるという考え方です。

けれども47年後といえば、ほとんどの場合、お子様の世代に引き継がれることになるでしょう。しかも年月が経って古くなり、空室ばかりの物件になってしまったらどうですか?
お子様が建て替えようと思っても、RCの建築物は解体費用が高額で、木造建築物の倍以上かかります。
「そんな大金を払ってまで、建て替えなんかできない」
という話になり、結局、負の遺産になりかねません。

私たちがご提案するのは、短い減価償却で収益が出るアパート。
「差別化をはかって、入居者様に長く住んでもらうアパートを建てましょう」
とご提案しています。それがプリマです。
プリマは木造アパートですので、減価償却は22年。その前にローンの支払いを終えてしまえば、税金負担が多少多くても収益を生み出す期間が長くなり、手残りの収益が積み上がっていくというわけです。
その計画と経過を、きちんと数字にしてご提案しています。

メンテナンス軽減のメリットを生むデザイン性と入居者属性

プリマのアパートには外階段と外廊下がありません。これはヨーロピアンデザイン・アパートメントの特徴ですが、外観の美しさだけでなくメンテナンスの負担減にもつながっています。

階段や廊下が外にある場合は、当然のことながら陽射しや風雨の影響を直に受け老朽化しますから修繕が必要になります。
木造建築アパートの減価償却である築後22年は、一般的に大規模修繕が必要になるタイミングともいえます。そのため、建て替えや売却を考えるオーナー様も少なくありません。
プリマの場合は建物の内部に廊下と階段が配置されていますから、劣化が少なくなります。そのため、修繕費も抑えることができますし、大規模修繕や建て替えのタイミングも一般的なアパートより引き延ばすことができます。

また室内の壁面には腰高の無垢材パネルを使用しています。壁が傷ついたり汚れたりするのは、ほとんどが床から1mの高さまで。取り替えが必要になる壁紙部分の面積が少なくて済むため、内装メンテナンス費も軽減できます。
しかもプリマのアパートは長く住んでいらっしゃる方が多く、女性専用でお部屋をきれいに使っていただける方ばかり。ですから壁全面を張り替えることは、ほとんどありません。

年月を経ても美しい資産価値のある建物

日本では、ユニットを横につないで縦に積み鉄骨の階段と廊下でつなぐ、プレハブのアパートが主流です。
新築のうちは流行に合わせたおしゃれな建物だと思えるかもしれませんが、年月を経ると単なる古びた建物になってしまいます。
そのため徐々に入居者が減り続け、家賃を下げて入居募集をするということにもなりかねません。最悪の場合、空室アパートになり解体を余儀なくされるという現実もあります。

一方、プリマのアパートは、築100年以上を経過しても色褪せない伝統的なヨーロピアンスタイルのデザイン。時代を超えて多くの人々を魅了する、シンプルで洗練されたファサードを再現しました。
さらに使う部材にもこだわり、外壁のレンガモールディングや漆喰、玄関建具なども海外の一流メーカーから輸入し、現場で職人の手作業により仕上げられています。

幾世代にも渡り受け継がれてきた美しいデザイン、本物の素材によって作られた建築物は、年月を経ると共に味わい深くなっていきます。年月を経ても、家賃を下げずに入居していただいている実績があり、たとえオーナーが代わっても、賃貸物件としての資産価値を維持することができるのです。

プリマ ヴィラージュ外観

 

プリマのアパートは、優良な入居者様に長く住んでいただくために、ターゲットである女性の目線を重視して作られています。その結果、若い女性から圧倒的な支持を得て、高いテナントリテンション【入居者の保持】を実現しているのです。

アパート建築、賃貸経営をお考えの方は、お子さんやお孫さんに負の遺産相続をさせないためにも、ぜひ一度プリマアパートをご検討ください。
プリマではモデルルーム見学を随時実施していますので、まずはお気軽にお問合せいただき、実際にご自身の目でお確かめください!

 

モデルルーム見学のご案内ページはこちら

 

プリマアパートメントに関するお問い合わせ・見学お申し込み

お問い合わせフォーム
TEL:045-680-0123 株式会社GIFT プリマ倶楽部事業部