Staff Blog

スタッフブログ

地震に強いツーバイフォー工法を採用~プリマの魅力

古びることのないデザインだからこそ耐久性は重要

ヨーロッパの伝統的なアパートメントデザインを採用しているプリマアパート。流行に左右されないヨーロピアンスタイルの外観が女性を魅了し、高い入居率を維持しています。

プリマのこだわりは外観だけではありません。長い年月を経ても魅力を失わない建物であるからこそ、耐久性が重要なポイントとなります。そのためにプリマが採用しているのがツーバイフォー工法です。
北米で誕生したツーバイフォー工法の特徴は、耐震性、耐熱性、断熱性に優れていること。日本でも明治時代にツーバイフォーの原型といえる工法が上陸し、100年以上の年月を経た現在でも複数の建築物が存在しています。

大災害でも居住に支障をきたさないツーバイフォー住宅

ツーバイフォー住宅の耐震性は、過去の大震災で実証されています。
1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震では、ツーバイフォー住宅の97%以上が被害を受けず、居住に支障をきたすことはありませんでした。
2011年の東日本大震災では倒壊した家屋が津波で流されてしまいましたが、津波被害を受けなかったのはツーバイフォー住宅が多く、さらに残された98%以上は補修不要だったのです。

いずれの震災も最大震度は、震度7。多くの被害をもたらした悲しいできごとでしたが、ツーバイフォー住宅が激震に強いことが周知されました。

 

若い女性の圧倒的な支持を得て、テナントリテイションに優れたプリマのアパート。これからアパート建築をお考えなら、耐震性、耐熱性、断熱性に優れた2×4工法を採用したプリマなら万が一の際も安心です。圧倒的な稼働率を誇るプリマを、ぜひご検討ください!

プリマアパートメントに関するお問い合わせ・見学お申し込み
お問い合わせフォーム
TEL:045-680-0123 株式会社GIFT プリマ倶楽部事業部