HOME プリマ アパートについて 入居者インタビュー①前編~プリマを知ったきっかけ・入居の決め手~

入居者インタビュー①前編~プリマを知ったきっかけ・入居の決め手~

プリマに入居されてから3ヶ月の入居者様にインタビューさせていただきました。

入居者インタビューのイメージ画像

プリマを知ったきっかけ

数年前になりますが、大学生のときに一人暮らしをしようと検索サイトを見ていたときに、
学校近くのプリマが出てきて「確かに、こういうかわいい家あったな」と思って、そこから調べ始めたのがきっかけです。

実家暮らしだったので、一人暮らしの時期は明確に決めていなかったのですが、
プリマは外見だけでなく、階段の手すりやライトもかわいくて「こんなにこだわっているアパート他にない!絶対こういうかわいいおうちに住みたい。空いたら絶対入ろう」と探し続けていました。

その後、住みたいエリアのプリマが空いていたのですが、「1階」というのがネックで内見もせずに諦めてしまいました。

プリマを実際に内見した感想

今回は見学会のお知らせを見て、プリマに伺いました。
新築物件だったので全部屋を内見できて嬉しかったです。

今までネットで色々なプリマの写真を見ていたのですが、
初めて実物を見たら、本当に素敵なお部屋で「うわーすごい!」としか言ってなかったと思います。

リビングや玄関はイメージ通りでしたが、
天井の高さと広さは想像以上で驚きました。

以前「1階」が防犯上危ないと考えて諦めましたが、
実際に物件を見たら、私は1階に住みたいって思ったんですよ。

天井寄りの高い場所に窓があって、すごく光も入ってきて明るいですし
2階よりも天井が高かったので広く感じました。
※2階は採光用の窓がなく、屋根の関係上、天井に勾配があります。

防犯上、2階の方が良いと思うのですが
部屋は1階の方が良かったので選ぶのが難しかったですね。

入居を決めたきっかけ

見学会には母と一緒に行ったのですが
今までひとり暮らしを反対していた母が「私も住みたいくらいの家」と言ってくれて、実家から出る許可が出たことにはとても驚きました。
見学会にオーナーさんがいらっしゃって、お話もできたことで母も安心できたのだと思います。

私個人としてプリマに住みたい気持ちはありましたが、
家族が認めてくれたことが入居の決め手でした。

続きは後編で

後編では、入居後の住み心地を中心に話していただきました。
ぜひ後編のブログもお読みください。

 

 

The following two tabs change content below.

永田 輝彦(ながた・てるひこ)

株式会社プリマ倶楽部 代表取締役。「プリマ」アパート建築を通じ、お客様のパートナーとして「ストーリーのある賃貸経営」をサポートすると共に、さらに“大人が目を輝かせていられる”事業の創造を目指している。