「よい不動産管理会社を見つけるには」~がんばれ、大家さんVol.36

アパート経営をするうえでとても大事なことは、よい不動産管理会社を見つけることです。
といっても「いったいどうやって見つけるの?」ということになります。
通常は近所の不動産屋さん、昔からの知り合い、銀行の紹介、最近では建てたときの建築会社の関連会社等々、大家さんが特に「ぜひこの会社」なんて積極的に選んではいません。
どちらかといえば、いやはっきりいえば、いいかげんに選んでいたのではないでしょうか。経営が順調であれば、特に意識しないのでしょうが、「問題だな、何とかしなくては」、あるいは「困っている、今後のことでいろいろ相談したい」と考えるようになったら、管理会社を選択しなくてはいけません。

長期で差がつく管理会社選び

本当は問題が起きてから考えるのではなくて、アパート経営がスタートするときから、管理会社をどこにするかはきわめて重要な問題なのです。
建てるときには、どこの建築会社にするかは慎重に選択しますが、管理会社は適当に選んでしまっています。ある意味では、管理会社の選択のほうが長期的に見れば最も大事なのかもしれません。
入居者を早く見つけてきてくれる、経営のアドバイスをしてくれる。家賃のこと、間取り、設備、修理、そして最近の賃貸市場の動向を教えてくれる業者ならば優秀です。しかし、残念ながらよい管理会社は少ないのが現状です。
それなら大家さんはどうするかです。「よい管理会社がなくて」と嘆いていても仕方ありません。
むしろ大家さんのほうから、積極的に会社へ問題点を投げかけます。アドバイスや相談をどんどんするのです。それに対してきちんと応えてくれるかどうかによって、会社の実力と姿勢が見えてきます。

大家さんから管理会社に密な連絡を

ところで、会社と大家さんの関係はどうなっていますか?
単に入居者を斡旋(あっせん)してもらうだけの関係であれば、相談をもちかけても真剣にとりあってはくれません。会社は仲介専門ですから、管理運営に対して責任はなく、仮に応えてくれたとしてもそれは「無料サービス」です。
正式に管理契約を結び、管理料を支払い、毎月定期的に巡回し、かつ報告を受けましょう。そして、今後のアパート経営について相談します。
このとき大事なことは、大家さんから積極的にどんどん聞くことです。ときには大家さんから出向いて、会社の担当者の意見を聞いてみてください。
報告書に頼っているだけではダメです。見て、聞く、そして相談します。ざっくばらんにお互いに自分の意見を言い合える関係を築きあげます。特に現場で働いている担当者から、しっかり意見を聞くと本当の姿が分かってきます。
よい管理会社を見つけることよりも、大家さんが会社と密に連絡を取り合うような姿勢が大事です。

「満室カフェ」では、各分野の専門家(税理士・不動産鑑定士・弁護士・ファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタントなど)が、賃貸物件オーナー様のお悩みや不安を解決する、「満室経営」実現のための情報のご提供を行っております。
記事に関するご質問、お悩みについてのご相談依頼などがございましたら、お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
本郷 尚 (ほんごう たかし)

本郷 尚 (ほんごう たかし)

税理士・本郷尚 日本における資産税の第一人者として、相続、贈与、事業継承、土地活用、財産管理を中心に活躍。各方面で講演・執筆等行い、著書も多数。株式会社タクトコンサルティング会長。 https://www.tactnet.com/