生命保険の積立機能は、銀行預金より効率的

生命保険は目的に合わせて入ることで、貯蓄より効率が良くなるメリットがあります。
ここで知っておきたいのが、生命保険と預貯金の違いです。

「貯蓄は三角、保険は四角」という言葉をご存知でしょうか。
銀行に毎月積み立てていく貯蓄は時間の経過とともに、右肩上がりにお金が増えます。対して保険は、加入した時点で受け取れる金額が保障されています。これが「貯蓄は三角、保険は四角」といわれる所以です。
将来の出費に備えて貯蓄をしていても、なんらかの事情で積立ができなくなってしまったら目標額に達していない可能性があります。一方、保険はリスクに備えて積み立てているわけですから、必要な時に保証された金額を受け取ることができる。それが大きな違いです。

さらに最近では積み立てた金額に対して、満期金が多くなる生命保険が増えています。

保険商品を活用するには、保険会社の選択が重要

銀行に積み立てるのと同じ金額の保険料を支払っているのに、なぜ生命保険の方が増えるのか。その違いは、金利にあります。

現在は、企業にたくさんお金を使ってほしいということから、かつてない低金利時代となっています。貯金をしても、低金利だから増えません。実際に、富裕層といわれている人たちが銀行の恩恵を受けられない時代になってきました。
では保険だとなぜ増えるのかというと、積立金を運用することが許されているからなのです。

国債、社債、株式など、運用方法はいろいろありますが、許されている範囲というのは保険会社の格付けによって違います。ですから、保険会社の選択が重要となってくるのです。
例えば、保険料を1,000万円払っていた場合、1,200万円になることもありますが、800万円というケースもあります。同じ保険に加入するなら保険会社は関係ないと思っているかもしれませんが、今はそういう時代ではありません。

賢く保険を活用するには、保険会社の選択が非常に重要であるということを覚えておいてください。

注意)本文の内容については生命保険会社、商品、年齢、保険期間、払込期間等によって変わってきますので参考値とお考え下さい。

「満室カフェ」では、各分野の専門家(税理士・不動産鑑定士・弁護士・ファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタントなど)が、賃貸物件オーナー様のお悩みや不安を解決する、「満室経営」実現のための情報のご提供を行っております。
記事に関するご質問、不動産鑑定や相続税のご相談などございましたら、下記フォームより満室カフェまでお気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
川西 こうじ

川西 こうじ

七福計画株式会社 代表取締役。⼤学で機械⼯学を専攻後メーカーに就職し技術職、営業職として活躍していたが、阪神淡路⼤震災での罹災を機に⽣命保険業界へ転職する。直営代理店経営を経て、より細やかなサービスを⽬指して保険代理店「七福計画」を設⽴。これまでのコンサルティング数は500社を超える。